カテゴリー

月別過去記事

みるくぜりー内 検索
Loading

YAPC::Asia Tokyo 2012二日目のざっくりとしたレポートと感想

YAPC::Asia Tokyo 2012一日目のざっくりとしたレポートと感想に引き続き二日目のレポート&感想を書き連ねてゆきたいと思います。

Rubyistの国のPerl使い
perlの話がいっぱい出てくるのかと思いきや、今現在会社にてこんなことやっているよという紹介がメインでした。
#題目の意味がないですよぉぉ!
中身は社内の開発をいかに効率よくするかという命題に対して実践していることの紹介でした。
リーンスタートアップやらインセプションデッキやらスクラムやら。
すごくざっくりしすぎたキーワードのメモが残ってましたのでペタリ。
年月が経つと肥大化していくコード達、
そしてそのメンテにはちょっとした修正であっても時間が掛かってしまう。
そういうのを解決できる手段として実践していきたいなと思える内容でした。
・一般化
・検証化
・創発性


開発プロセスの三構成
リーンスタートアップ
→(インセプションデッキ)
スクラム
XPプラクティス
(コードレビュー)
→トップダウンの構造をしっかりと。

コンセプトを固める
・開発者のためのリーンスタートアップ勉強会
 ・ビルドメジャーラーン
 ・バッチサイズ(短い方がよりサイクルを回せる)

ユーザーストーリー収集
ペーパープロトタイピング
スプリント計画
・プロダクトバックログ
・スプリントバックログ

開発を早くするには
・自動化
・確実性
・安全性

開発プロセスが設計を変える

昨日と実装に関連性がない
ストーリの見えない設計

スリムコントローラーのモデルfatにしよう
・でもモデルがわかりにくくなるよね。

DCI リーンアーキテクチャ
ユーザーストーリーをそのままコードにおとそうぜ!


perl今昔物語
perl界の重鎮四名をパネラーとして迎えperl界隈の話や
YAPCというイベントについて等話すコーナーでした。
ここ数年は参加してませんでしたが初期のころの話など懐かしく聞いていました。
こちらは興味深く聞きながらメモかなり取ってたのでぺたりと貼っちゃいます。
かなりのボリュームになってました・
YAPCのtokyo開催について
・shibuya.pmなどやっていてかなり面白かったのでもっと広くやりたい。
・1日プログラムのイベントで、特定の言語に特化したものは初めて

2009
perl5とperl6は別物だよというはなしになってperl5の開発コミュニティが活発になった年

ハッカソン

ブログハックス
・感想を聞きに言ったはずが書くことになってた
・競合の会社なのに共著となっているのが面白かったですね
 →技術的なことに競合も何もないよね!
・社内にperl書く人が居なかったので、どうしても外に出ざるを得なかった(naoyaさん)
・WEB+DBプレスのはなし。
 →二人と同じ立場に立てるようになりたいとおもって、頑張った。

開発環境の変化
tokuhiromさん
・githubの登場について
coderepos自由にかけるように元々なってた
・gitpanとか
・初心者からのpullreq来るようになった

エディタについて 半数ぐらいですね。
・emacs派 おっさんがおおい?w
・vim派 

github
・作りかけのとかこういうのどうかな?みたいのが見せれるようになった。
・仕事の中で公開できるようなものは積極的にやってます。(小林さん)
gree社内にgithubエンタープライズを入れた(naoyaさん)
効率を高めるとか
homeに腐らせてたコードもとりあえずあげちゃうとか出来るようになった。
githubがでたのもあるけど、リリースがスマートになったなと。gitがみんな使ってる前提になってきてる。

インフラに関する発表も増えてきた
・ソーシャルゲームの影響ありますかね?
・大規模系の発表が多いのは日本の特徴的。
・perl自体の発表って結構少ない。
・実用的なモジュールの紹介とか
・海外はperlのTIPSとかいろんなモジュールの使用例とか(自作でなく)

トーク内容について
・自分がやらなくてもいいけど、誰かがやらないといけないよねとおもう内容を話すこともある。
・一年間通してきてこれはコミュニティに役立つと思われるものを紹介したりしている。

2013年以降の予想
なんでperlをつかってるの?
・サーバーサイドはAPIだけになりつつある。(naoyaさん)
 ・ObjectiveCとかJavascriptとか色々やらないといけない
 ・perlを選ばないといけない状況は少なくなってきた。
・perlはCPANが整ってるのがよい(とくひろむさん)
・得意な言語を使える人を集めてやるとなるとperlになる
・perlの自由な感じに書ける。
 ・最初に選択するものとして初心者にはちょっと難しいですね。
 ・あるものはあるんだけど、もっと便利になるものを作ってみたらメインストリームになるそういうところがいい。
・互換性のない変更がないのはいいところ
 ・今書いたコードが数年後動かなくなるということがおきにくいのがよくもあり悪くもある。
 ・Javaが一番いいという話になっちゃうけど、script言語としてはperlのほうがいい。

新しい機能を実験的にいれようてきなのができそう。

YAPCドリブンな開発
・とりあえずだして通ったら頑張って作ってみよう的なのもある

海外が作ったまっちょなモジュールを日本人がより使いやすいものにつくっていく感じ
Plack
あいつらそれほどのトラフィックさばいてないよねとなったり
ミニマムなモジュールを組み合わせていこうよと言う流れに今なってる。
また一枚岩でがつんとするようなのがでてくるかもね
他の言語でもさいきん大きなトレンドがないよね
node.jsがちょっとおおきいかな?ぐらいだけどちょっと落ち着いてきたね。



10 more things to be ripped off
miyagawaさんの紹介する便利なツール達。
最近はrubyばっかりなそうでruby界隈の便利ツールなども紹介。
だれかこれperlにして!なんていう場面もあり。
NewRelicのperl版いやオープンソース版はめっちゃほしいのでだれか…!!
(あれはさすがに一人で作るの難しそうですよね…!)
debug
・Djangoの流用してる
・見た目は変わらないように見えるけど右に情報表示される

interactiveDebugger
・スタックトレース
・ページ内でコマンドたたけるようになる

他にもいっぱいあるから盗んじゃえ!
RubyEcosystem
・Bundler
 依存関係などを解決するためバージョン指定していれたり、gitから直接などもOK
 ・cartonってのがperlにあってつくってます。
・gemnasium
・gemfury(Python)
 気に入ったバージョンを管理する

WebEcosystem

Templating
Tilt
travis
・リリースしなくてもチェックしてくれる
Travis CI

Testing
Using Capybara with RSpec
Pow
NewRelic
のperl版ほしいなー。って


Perlハッカーは息をするようにCPANモジュールを書く。
CPAN公開数No1の日本人(でしたよね?)typesterさんのCPANモジュール書くのは簡単だよ!ってお話。
ドキュメントの翻訳がめんどくさいんですよね…。
熱い想いを書けるだけの英語が書けない…!!どうしたらいいんでしょう。
翻訳でも何とかなるんでしょうか。
CPANモジュールといっても結構シンプルで短いものも公開しているようです。
気負いすることなくどんどん公開していこうよというお誘いでもありました。
cpanmでインストール簡単
cpan,testers
パッチ作ってくれたり、ちょっと手伝ってくれたり。
・自分だけでは出来ないようなモジュールを作ることが出来る
再利用しそうなものは全部CPANにあげちゃう
・誰かが使ってくれるかも知れない

やりかたはひとつじゃない
とあるひとにdisられても、他の人はつかってくれるかもよ?
ドキュメントはちゃんとかこう
・想いを全部ぶつけるところ。disられ対策をあらかじめかいておく。

似たようなものがあるのにつくった理由とかかくといい
disは友達。どんどんdisって!

レギュラーになってたけどビギナーでも良かったと思う。
ドキュメント書いてくれたらgithubに眠ってるとあるこーどあげるよ!
→じゃぁ書きます!

メンテしなくてもいいんじゃない?
いっぱいあげればいいよ的なかんじ?


ウェブアプリケーション開発の現状・課題とJSX
前半はWEB業界の歴史とそのときに使われていた技術・問題点・その解決方法などの紹介。
この部分だけはビギナー向けにやってもいいんじゃ無いかと思いました。
歴史ってなんだかんだ重要ですよね。
そして現在のところにきてJavascriptの問題点を解決する
JSXを開発することになったということで紹介がありました。
まだ研究段階のため実戦投入はされていないとのこと。
社内で数名にテストしてもらってる感じだそうです。
見やすいコードで実行が早いなんて夢のようです。これは楽しみ。


Javascript
実行しないとエラーがわからない
プロトタイプベース
ベストプラクティスがむずかしい。かきかたいろいろ
クオリティーがあがらない
ちょっとおそい
メモリの消費量が多い(5mbのソースを動かすとメモリ100MBこえてくる)

二一世紀のアセンブリ言語
新しい言語作ったらいいんじゃない?

JSX http://jsx.github.com/
・jsより早くうごいて
・jsよりはやくかいはつできて
・品質がよいモノが作れるように

変数は静的な型を持つ
コンパイル時にテストする
静的なクラスコンパイル
overloading constructorを引数によってかえれる。
日付が経つにつれてコードが増えてくるとコードを書く時間がふえてくる。


Lightning Talks Day 2
面白すぎてメモ取れませんでした…。時間短いのでみんな早口だしね!
・Yappoさんの部下の方のは面白かった!ヒートマップの話。
・それPHPでできるよの話はまさかの動かなくなってしまった、
 PECLの修正版作っちゃいましたみんな使ってね!というまさかの展開。
・TAKESAKOさんの1+1をひたすらやり続けていく話は秀逸すぎて…!PHPはまさかのメモリエラーだったのがウケる。

How Perl Changed My Life
perlとの関わりと人生の転機についてのお話。
YuiChatやら懐かしすぎて…!
みんなの人生変わった話などブログにどんどん書いていってねていうことなどもあったので
これについては私も色々思うところがあり、別エントリーで書きたいと思います。
プログラミング言語との出会いで人生ががらっと変わるなんてステキですよね。

最後は牧さんのClosing。
多くのスタッフの方々の支えのおかげで楽しい三日間が過ごせました。
本当にありがとうございました。という気持ちになれるよい閉会の挨拶でした。
来年もまた是非やってくださいね!
今度こそは完璧に諸々調整して全部参加するんだっ。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック