カテゴリー

月別過去記事

みるくぜりー内 検索
Loading

宝塚歌劇の逆転裁判2東京公演に行ってきたよ

宝塚歌劇が公演している、「逆転裁判2 蘇る真実、再び…」に行ってきました。
もちろん、東京公演の方に。
会場は前回と変わって、赤坂ACTシアター。
赤坂駅から徒歩すぐなので迷うことなく到着。
近くにTBSがあるので会場以外の施設も充実していて、
早めについてものんびりできる場所がいっぱいです。

開場は30分前からで、現地にそのくらいに着くように移動。
まず最初にコレが目に入ります。
Gyakuten Saiban
フェニックス・ライトこと蘭寿 とむさんのでっかいポスター。
見てのとおり成歩堂くんです。
ちょっと赤坂BLITZの屋根が被ってしまうのが残念ですが、
階段上って右端からみるときれいにみえるみたいです。

そのまま階段昇ると入り口です。多分人だかりができてるから間違うことはないでしょうw
Gyakuten Saiban

その右横にポスターがあります。
Gyakuten Saiban

で、張り切って入場。
まずは、パンフレット(600円)を購入してから座席へ。
今回もA席だったのですが、段差が高めでちょっと見下ろす感じでしたが、
結構きれいに舞台が見えました。
舞台上で流す映像の上部と、1階席から登場する部分の頭がちょっとみえないぐらいで
たいした問題ではなかったです。
前回より座席もきれいですわり心地がよくて満足。

本編のネタバレ的な内容がふくまれそうなので劇の感想は記事の続きにて。

雰囲気を味わいたい!という方はファミ通のこの記事がオススメです。
東京公演のリハーサル風景が写真つきでみれます。
マイルズ・エッジワースことミッチャンは今回もクオリティ高いです。
前回演じてた方とは別の人なのですが、
遜色ない…というかむしろ前よりすごい…かも。
法廷でのミッチャンは見所です。
最後のほうでミッチャンがメインで踊るシーンがあったのですが、
検事室に飾られている、初法廷で着たという衣装に似てたような…??
DVDが出た際にもう一度確認しておきたいところです。

フランジスカ・ヴォン・カルマこと冥ちゃんは
今回から加わったキャラクターなのですがこちらもクオリティが高い。
鞭もきちんと持参してますし、劇中でびしびしやってます。
ひとつ残念なのは鞭の音が思ったほどしなかったことぐらいでしょうか(笑)
さすがにゲーム中みたいな音はだせない…ですよねw
衣装もポーズも完璧でほんとゲームから出てきたんじゃないかと思えるほどでした。

その他のゲームにキャラクターたちも前回よりパワーアップしてますし、
成歩堂くんのツッコミが増えていて笑える場所もあり、大満足です。

ストーリー自体はほぼオリジナルですが、
逆転裁判2の名場面である最終話を使っているようです。
第1幕がきれいに話がいったん終わってしまったかのように見えるので、
間違って帰らないように気をつけてください。

ちなみに、最初の土曜日のチケットを取ろうとしか考えていなかったので
気づいてなかったのですが、今日が東京公演の初日でした…w
そのためカーテンコールはちょっと長めでした。
恒例のアレも2回やってくれました。
1回目はなんとミッチャンのお手本つき。すばらしかったです。
2回目はみんなそんなにアレやりたいんですね的なあお話のあとにアレをみんなでやりました。
満足満足。

今回で終わりなのかなーという話の始まり方だったのですが、
最後まで見るともしかするともしかするかも??
というちょっと期待をもてる終わり方でした。
また、東京公演の最終日になんらか発表があったりして…w
楽しみにしていようと思います。

JUGEMテーマ:逆転裁判


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2009/09/06 12:18 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック