カテゴリー

月別過去記事

みるくぜりー内 検索
Loading

FFXI関連の記事でちょっとツッコミ

2度の挫折を経て「FFXI」にハマりつつある独身男性の物語(その1)
すっごく細かいことで普通の人はどうでもいいやんとおもうところでしょうけど
個人的にちょっとツッコミ入れたい!とおもう箇所があったのでエントリーに起こすことにしました。
北米版開始後のこの部分なんですが…
つたない英語も話せない僕は、ネットで英語を翻訳しつつプレイするも、やはり何を言っているのか100パーセント理解することができず、自分が言いたいことも伝えることができない。そもそも、一度ネットの翻訳機を介して会話するという手間が、元来面倒臭がりの僕にはやはり面倒臭く、次第に物静かな日本人へとなっていった。そして最終的に日本人と一度も会話することなく、またヴァナ・ディールから立ち去ったのである。

後に出てくる「定型文辞書」が実はこの時点でも存在してました。
参考URL:米Square Enix、「Final Fantasy XI」を発売開始自動翻訳機能を備えた定型文辞書の利用ガイドを公開
おそらく存在を知らなかっただけなのではないかなとおもいます(´・ω・`)

次はハロウィンイベントのところ。
そもそもお菓子は、僕がプレイしていた頃にはなかったアイテムだ。

お菓子は前からありました…(´・ω・`)
というかハロウィンイベント自体3年以上やってますのでお菓子も3年前には
あったことになります。
ただ、競売所は以前食事はひとまとまりでどれがお菓子なのか分類されておらず
わかりにくかったのはあるかも…。

少しのあいだ、ほかのクエストそっちのけでひたすら釣りに没頭し、竿が折れたのをきっかけに終了した。長い時間釣りをしていたはずなのに、釣りスキルは1上がっただけ。どうやらこのへんのシビアさは健在のようだ。

釣りスキルの上昇ですが前よりはずいぶんと緩和されています。
参考URL:2月下旬のバージョンアップで追加される釣りについて
竿も以前とちがい『「釣り人の予感」とも言える能力』のおかげで折れにくくなりました。
以前はどれがつれるのかまったくわからずただクリックするのみでしたが、
今は「いやな予感がする」などのメッセージが出てくれるおかげでエスケープキーを
ぽちっと押せば竿を折ることなく魚をリリースできます(/ω\)

とりあえず私が見つけた間違いや勘違いとおもわれる場所はこんなところです。
大きなメディアさんなのでよく調べてから記事に起こして欲しいなぁ…と。

最近私も復帰したクチなので記事の続きは楽しみにしてます(*'-')


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック