カテゴリー

月別過去記事

みるくぜりー内 検索
Loading

学校で学んだ面接術?

ARTIFACT@ハテナ系 - 新卒採用面接の話からイロイロリンクをめぐって話を読んでみてほんと驚きました。
新卒採用にやってくる大学生って皆一緒に見えちゃうんですね。

↑のリンクとともに
普通の大学生って大変ですねー」
と会社の人にメッセで話したところ「普通の大学生」というキーワードがオモロイと返ってきました。
なんで「普通」って言うワードをつけたかというと、
普通」にすごしている大学生って4年間をあくまでも「普通」にすごしているから
アピールできるものが思いつかないんじゃないかなぁと。
だから、良くも悪くも「普通に過ごしてない」人のほうが
アピールできることがあって面接に有利なんじゃないかと思ったんです。

で、タイトルにある学校で学んだ面接術というのはこれ。
「物事は言い方次第で良くも悪くもなる」
というわけで悪く聞こえるものをいかにいいことかのように伝える言葉の変換術を学んだわけです。
もし、遊びまくったというのであればその遊びの中で自分が変わることが出来たことを
ひとつ取り上げて経験談を使ってアピールすれば良いわけです。
ただし、嘘は禁物。嘘をひとつつくと必ずボロがでるので本当の話をすることが大事なんだそうです。
本当の話を包み隠さず話すのではなくていいとこだけピックアップするのもひとつの手なのかも?

改めて考えてみるとある意味詐欺やら悪徳商法と似たような手法ともいえるなぁと。
いかに自分を売り込むかなのでそれくらいの勢いは必要なのかもしれませんね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック